最低1万円からキャッシングできるよね

借金体験って、あまり人と話しませんよね。

 

実は自分はキャッシングで自転車操業的な状態に陥っていたことがありました。

 

残業が多くて夕飯を外食にすると、つい飲んで、タクシーで帰ったりしていたら、たとえワリカンでも一気にお金が足りなくなってしまうのも当然ですよね。

 

そのときカードローンを使うことはためらいましたが、一度使うと簡単でした。

 

しかし余裕ができるのは一時的で、相変わらずの使い方をしていて、利息ばかり返していくようになり、これではマズイと結婚して外に出ている姉をのぞく家族全員からお金を借りて、キャッシングした分を全部、一括返済しました。

 

キャッシングやカードローンを申し込みたいが在籍確認が心配という人は、少なくないようです。

 

一般的には在籍確認はかならずあります。

 

もっとも、最近はプライバシーを尊重して、一定の条件のもとで会社への電話確認はなしというところなら何社かあります。

 

大手のなかでもプロミスやモビットといった銀行系の金融業者では、指定銀行での取引口座保有や勤務先のわかる書類(保険証・給与明細・社員証)などの提示で、『電話連絡なし』で大丈夫です。

 

それでも状況次第で提出書類が変わったりするので、先に確認しておいたほうが安心ですね。

 

また、一般的には「在籍確認あり」のほうが高額融資可能なので、必要に応じて電話のかけかたを工夫してもらうのもいいでしょう。

 

キャッシングする際の最低額については気になる所です。

 

会社のうち、多くが1万円から利用可能となっていますけれども、会社によっては1000円ずつで利用できる場合もあります。

 

1万円くらいを最低額の基準と考えていれば問題ないでしょう。

少額借り入れカードローン